犬に長生きしてもらうための健康管理

パートナーの問題行動にプロのトレーニング方法
無料のメルマガ動画を見るだけでも犬に対する考えが変わります!

日本一のドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

犬に長生きしてもらうための健康管理

犬は生き物なので、当然老いていきますし病気やケガもします。

 

そして言葉を喋れないので「痛い」とか「苦しい」とは言えません。

 

それだけに飼い主さんが常に健康状態をチェックしてあげる必要があります。

 

大切なパートナーである愛犬にはいつまでも元気で、そして長生きしてほしいと思うのは、全ての飼い主さんの願うところでしょう

 

ですが、愛犬の安全を守り、長生きしてもらうための健康管理をするのは、いつもそばにいるあなたにしか出来ないことなのです。

 

パートナーの食事

 

愛犬の健康管理の上で欠かせないのは毎日の食事ですね。

 

今のペットフードは栄養を考えて作られているので、基本的にフードとお水があれば他には与えなくても十分です。

 

フードは、あまり頻繁に種類を変えない方が良いですが、年齢や体調によっては臨機応変も大切だと思います。

 

また、人間には栄養があるものでも、犬が食べると重大な病気を引き起こす、食べさせてはいけない食材もあります。可愛いからと安易に人間の食べ物を与えるのは危険です。

 

与えてはいけないもの・・・玉ねぎ、ネギ、これらと一緒に調理したもの、チョコレート、きのこ類、刺激物など

 

人間も犬もすべての生き物の健康管理に共通するのは、カロリーの摂りすぎによる肥満です。

 

長生きをしてほしいと思うのであれば、適正体重を維持できるようにしましょう。

 

パートナーのストレス

 

人間同様、犬にとってもストレスは病気を発症する元です。

 

犬種選びのところでも触れましたが、その犬種やパートナーの個性が運動量を必要とするのであれば、部屋に閉じこもってばかりだとストレスが溜まってしまいます。

 

ですが、犬は順応性が高い動物ですので、それぞれの家庭に合ったしつけやライフスタイルを教えることで、ストレスを溜めることなく過ごすことができます。

 

落ち着いて過ごせる場所を与え、パートナーが家族の一員として家族に守られながら安心して暮らしていると感じられる環境であるならば、そのご家庭ごとにどんなルールがあってもかまわないと思います。

 

パートナーのグルーミング

 

グルーミングも健康チェックの上では欠かせません。

 

愛犬の体のお手入れをすることで異常を早く見つけることもできますので、スキンシップを兼ねてこまめにしてあげて下さいね。

 

飼い主に自由に体を触らせることは、しつけの上でも大変役に立ちます。

 

パートナーの病気

 

病気にならないためには何よりも予防が1番です。ワクチンの接種はもちろん、ノミやダニなどの予防、病気についての知識も持っておく必要があるでしょう。

 

パートナーのケガ

 

不慮の事故やケガは、飼い主さんが注意していれば防げる事も多くあります。

 

人間の赤ちゃんと同じで異物の飲み込みなども多いようです。

 

危険なものは側に置かない、犬の行動範囲を制限するなどの工夫が必要です。

 

かかりつけのお医者様

 

信頼できるかかりつけの獣医さんを持っておくのが良いですが、人間と同じく治療方針などに納得がいかない場合は、遠慮なくセカンドオピニオン(違う病院でも聞いてみる)をおすすめします。

 

犬,長生き,健康管理

私も今のパートナーが仔犬の時、検査の結果手術が必要と言われましたが、違う病院では「こんなことで手術する人はいませんよ。」と言われました。

 

それから数年経った現在になっても、体のどこにも何も問題がないのですから、あの時手術をしなくてもよかったのだと思います。

 

お医者様の言うことを信用するのも大切ですが、人間のお医者様より動物病院の方が規制などもはるかにゆるく、飼い主さんの病院選びの判断は大切です。

 

パートナーたちは言葉を話せません。

 

でも、病気やケガをした時の辛い思いは人間と同じです。

 

愛犬に長生きしてもらうための健康管理は、飼い主さんの努力によるところが大きいので、正しい知識と愛情をもって毎日接してあげることが1番です。

 

パートナーの気になる症状や病名があったらこちらから。犬・猫の総合情報サイト『PEPPY(ペピイ)』

ペットのための自然療法を学ぶ通信教育 GREEN DOG ホリスティックケア カウンセラー