犬のウェットフードのメリット・デメリット

パートナーの問題行動にプロのトレーニング方法
無料のメルマガ動画を見るだけでも犬に対する考えが変わります!

日本一のドッグトレーナー藤井聡が教える犬のしつけ教室

犬のウェットフードのメリット・デメリットとは

ドッグフードには大きく分けてカリカリタイプのドライフードと、レトルトや缶詰のウェットフード、その中間のセミモイストタイプの3種類があります。

 

それぞれに特徴がありますが、ドッグフードと言えば与えるのが簡単で経済的なドライフードを利用されている場合が多いでしょう。

 

ですがウェットフードにも色々なメリットもあり、場合によってはウエットフードを取り入れてみることもおすすめします。

 

ウェットフードのメリット

 

1・嗜好性が高い

 

ドライフードに比べ、ウェットフードは嗜好性が高いため食いつきが良い場合が多く、ドライフードをあまり好まないパートナーも喜んで食べてくれることがあります。

 

2・水分量が多い

 

尿路系が弱くてオシッコが出にくい子や便秘がちな子は、水分の摂取量を増やすことで改善されることがあります。あまりお水を飲まない冬場などには水分摂取量を確保できます。

 

3・保存期間が長い

 

レトルトパウチや缶詰タイプが多いので、長期間の保存がききます。

 

ウェットフードのデメリット

 

1・割高になる

 

嗜好性や栄養価が高い分、ドライフードと比べるとどうしても割高になってしまいます。

 

2・水分を摂りすぎる

 

もともとお腹がゆるいパートナーは、水分量の多いウェットフードを与えすぎるといつも便がゆるくなってしまいます。

 

3・開封後は保存できない

 

未開封の状態では保存がきくウェットフードも、一度開封してしまうと1日くらいの間で使い切ってしまわなければなりません。

 

おすすめのウェットフード

 

チキンのドッグチャンク(ヤラーyarrahドッグフード)

 

100%オーガニック認定された原材料で作られた安心のウェットフード。食いつきが違うと評判のチキンパテで、わが家のパートナーも完食してくれました。お肉にアレルギーのあるパートナー用に動物性原料不使用の「ベジタリアン」もあります。

 

詳しく見てみる

アニマルワン グレイン チキン

 

安心できる素材で、手作り食にできるだけ近いフードを食べさせてあげたいと言うコンセプトで生まれたウェットフード。国産の原材料、国内での生産にこだわった獣医師と動物飼養管理士が共同開発した安心のドッグフードです。

 

詳しく見てみる

ナチュラルハーベスト チキン&ブラン

 

パピー、シニアの流動食にも使える消化吸収の良いペースト状のウェットフード。骨付きの鶏肉を丸ごと使っているので食いつきも良く、バランスの良い食材で作られています。チキン以外にもラムなど種類が豊富です。

 

詳しく見てみる

ペットのための自然療法を学ぶ通信教育 GREEN DOG ホリスティックケア カウンセラー